歯やインプラントの周囲の組織を破壊

歯やインプラントの周囲の組織を破壊

インプラントを埋め入れる手術までに「歯周病治療が完了する」もしくは、「歯周病の症状が安定する」と見込んだ場合に、歯周病の治療とインプラント治療の治療を並行して行うこともあるようです。さらに、歯科医院によっては、喫煙されてる患者さんに対してはインプラント治療を行わないところもあるのです。インプラントの生存率が非喫煙者と比較して大きく下がるという研究報告が多数あることからなんです。インプラント手術を円滑に受けましてインプラントを長持ちさせてみたくなったのであれば、日ごろから歯科医院を受診すること、禁煙する覚悟で臨むことが大切です。歯周病原細菌は、歯やインプラントの周囲の組織を破壊するだけでではなく、病気の発症や進行のリスク因子になると言い聞かされます。歯周病と診断されました方は、適切な治療を受けて、治療後は悪化やらせないように予防に努めましょう。

トップへ戻る