天然の歯に近い噛み心地

天然の歯に近い噛み心地

インプラントは入れ歯やブリッジと違い、歯を歯根から固定できるため、天然の歯に近い噛み心地が得られるのが一番のメリットです。この「噛み心地」ですのでは、歯がすべてある人には想像しづらいですが、とても重要な点です。人間がものを食べるとき、歯の場所にもよりますが成人で10〜30kgほどの負担がかかると言われていますのです。固い食べ物の場合は60kgほどの負担がかかってしまう場合もあると言い伝えられているのです。入れ歯の場合、この負担を掛けることは難しくなってくるでしょう。また強い負担を加えると、固定したりする両隣の歯への負担も大きくなり、痛みを伴うこともあげられます。ブリッジの場合は入れ歯より大きな負担に耐える事は出来ますが、やはり過度な負担を掛けることはできなくなります。また土台を作るために両隣の健康な歯を削る必要があります。

トップへ戻る