インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは、お口の中の顎の歯の無いところの骨に人工物を埋め込みそこに歯を再生させる治療方法です。歯科医学では、生涯に乳歯1回、永久歯が1回生えてくるだけで、永久歯を失うと2度と歯は生えてくることがありません。そこに、チタンという金属を埋入し骨と癒着させることで、その上に人工歯をつくることが可能となっていたのです。人工歯は従来の方法として幅広く普及しており、被せ物として、わたしの歯に被せる差し歯と呼ばれますもので、オーダーメイドで歯科技工士により製作してくれるという行為はインプラント治療でも変わりはないです。つまり、たまに差し歯の事をインプラント治療を行ったと表現されてしまう患者さんがおられるのだと思われている。イメージ的にはかぶるので、気持ちは分かる気がします。チタンの表面にHAコーティングされたものとチタンそのもののものと2種類でぜんぜん占められますが、将来的には、ジルコニア製のインプラントフィクスチャ―が出てくる可能性がありながら、埋め込まないと手の付けようがなといった意味合いでは同じということで、当分画期的な進化はなさそうです。

トップへ戻る